明石だこのたこ飯が食べれるお店

明石の「たこめし」について。

明石の「たこめし」について。
鯛めしでもなく、イカ飯でもなく、たこめしについてです。

調理方法として、生だこもしくは干しだこと、ごはん、酒、醤油、出汁を混ぜた、炊き込みご飯です

歴史は古く、 瀬戸内海では江戸時代よりたこ漁が行われていたとされます
忙しく休憩を取ることが難しい漁の最中、下ごしらえの時間がかからない簡易だけど味わい深い
「ごった煮」や「雑炊」を作り、漁の後に野菜などの食材を加え、炊き込みご飯として「たこめし」を作っていたと言われています。

まず、明石といえば蛸を想像する方が多いと思います。
なぜ兵庫県明石市の蛸は有名なのか?
他の産地と何が違うのか?

明石の蛸が美味しいのは

瀬戸内海の東端に位置する明石の海が日本有数の豊かな漁場となった理由は…

①本州と淡路島の間にある明石海峡は幅がとても狭い為、潮の流れが速くなり
海底の砂が巻き上げられる。

②その砂に含まれるミネラル豊富な栄養により
プランクトンが発生する。

③そのプランクトンをエビやカニが食べに集まって来る。

④そして、そこに甲殻類が大好物の蛸が登場!栄養満点なエビやカニを食べるのです。

こうした海の食物連鎖によって、たくさんの栄養を取り入れた蛸が生まれます。

特に満干差で激しい潮流がうまれる瀬戸内海で揉まれて
身が引き締まった、エビやカニを食する蛸は
噛めば噛むほど香ばしいような旨味と独特の食感を持ち合わせています。

しかし、毎日新鮮なエビやカニを食べているなんて
明石の蛸は贅沢な食事をしていますね(笑)

ちなみに
湯がいた時、蛸が赤くなるのは、エサにしている、エビやカニの色素の影響なのだとか。

ーそんな蛸を使った「たこめし」と言えばー

生の蛸と、干した蛸を使う2つのつくり方があります。
干し蛸で炊いたたこめしは、乾燥と共に凝縮された蛸の旨味が、ごはん全体に染み渡り、噛めば噛むほど味わいが出る事が特徴です。

もう一つは、生の蛸を使ったたこめし。
蛸本来の味と柔らかさ、
蛸特有の小豆色が、炊き上がったごはん全体に染み渡り、間違いなく食欲をそそられます。

そして今回は、生の蛸を使ったたこめしを紹介します。

明石の魚の棚商店街にある「あかし亭魚の棚店」
毎朝、生の蛸を塩揉みして独特のぬめりを丁寧に取り除き、一旦湯通しをしてから一口サイズにカットし、醤油やお酒などで炊き上げます。
多い日で、1日に10升
(100合)のたこめしを炊くのです。すごい量ですね!

たこめしの魅力は、毎朝仕入れる生の蛸を鮮度が落ちないうちに調理している事です。
さらに味の左右を決めるのは生姜です。
一緒に炊き上げたたっぷりの生姜、
タコと生姜が絶妙なバランスで炊き上がり、出来たての湯気を嗅いだらもうイチコロ

食欲がそそられ我慢出来たものではありません。

蛸の旨味と生姜のアクセントがたまらない
至福のごはんを見つけて頂けると思います。

たこめしが頂ける「あかし亭魚の棚店」は

明石魚の棚商店街の魚の駅ちょうど真ん中あたりにあります。

週末など多くのお客様がいらっしゃる時間帯は炊き上がりで
すぐに売り切れてしまい、次の炊き上がりまでに待ちが出来る事もあったりします。ありがたい事です。

購入おすすめの時間は平日の11時から12時頃。

出張や観光のお客様に限らずランチで買っていかれる方、手土産としても人気
青空の下、すぐ近くにある明石公園で食べるのもいいですね。
気になった方は一度食べてみてください

あかし亭魚の棚店
明石市本町1-5-18
078-995-8336

ご予約はこちら