明石といえば「明石鯛」を食べれるお店をご紹介します

明石といえば「明石鯛」。

なんて言葉は良く聞きますが他の鯛と一体何が違うのか?

■明石鯛が美味しいのには理由がある

「明石鯛=美味しい」というのは広く知られた事実ですが、明石鯛についてもっと詳しく知って頂きたいなと思いご説明します。

明石海峡は潮流が速く、プランクトンやエビ・カニなど鯛の餌が豊富な地域です。
そこで回遊している間に鯛の身が引き締まり美味しくなるという訳ですね。

「春先から初夏にかけて水揚げされている明石鯛は、姿かたちが美しく華やかなことから桜鯛とも呼ばれています」
桜鯛と言う名前はここから来ているんですね。
桜鯛なんて呼ばれ方をしていて知名度も高いので鯛の旬は春頃と思い込んでしまいそうですが
実際に食べて美味しいと言われているのは、秋だと言われています。

「もみじ鯛」

なんとも綺麗な名前ですね。
春に産卵を終えた明石鯛は、夏から秋にかけてイカナゴなどの餌を沢山食べるようです。
秋には肥えて脂が乗り体色にも赤味が増すため、紅葉になぞらえ「もみじ鯛」と称し、珍重されます。
同じ場所で獲れる鯛でも時期や食べる物、状態によって名前が変わったり価値が変わるというのはとても面白いですね。

■鮮度と旨味を保つ最高峰の”活け締め”技術が明石にはある

それだけ明石では鯛が特別扱いされているんだから獲る方法にもこだわりがあるのでは?

正解です。

明石には【明石浦漁協】という漁港があり、ここでは、鯛を「一本釣り・吾智(ごち)網・底引き網漁」の3種類の漁法で漁獲、水揚げをしています。

因みに吾智網漁は「鯛網」とも呼ばれ
風呂敷状の網の内側に魚を追い込んでいく、「かけ回し」と呼ばれる手法を用いた明石鯛漁の主流漁法。

また、全国でもトップレベルにあるのが、魚の鮮度を保つ技術!すごいです
獲った魚をすぐに出荷せず、暗い水槽で一晩落ち着かせ、興奮やストレスをとってあげます。

出荷の直前に行う活け締め作業にも職人技が光ります。
目の上あたりに手鉤をさして脳死させ、エラから包丁を入れて背骨を断ち切り血抜きを行います。

このような細やかな作業により
魚が暴れて身を傷付ける事なく高鮮度のまま締める事が可能になります。
また、ストレスを感じず締められた魚には旨味が凝縮されるとの事。

明石浦漁協の活け締め、鮮度保持技術は全国でも最高峰の水準にあり、この卓越された技術を施された魚は、ベストな状態で出荷されるのです。

■明石鯛を食べるなら、やっぱり明石!

兵庫県明石市にある魚の棚商店街そこに有るのが「あかし亭魚の棚」です。

どの商品も質の良さに自信があります、その中でもおすすめの「土鍋の鯛めし」
3〜4人前としているのには理由があります、中には鯛が丸ごと一尾しっかり入っています。

その豪快な見た目には圧倒されるお客様も多いようで、まず目で楽しみ、その後 召し上がって頂き「美味い!」の一言を頂戴出来た時はとても嬉しく思います。
感謝しかありません!笑

後半は一緒にお出ししている出汁を掛けて、お茶漬けで〆。
これもまた美味で、最後の一口まで楽しんで頂けるよう工夫を凝らしております。

あかし亭魚の棚店
明石市本町1-5-18
078-995-8336

ご予約はこちら